キャラクターデザインの相場ってどのくらい?その1


キャラクターデザインの相場ってどのくらい?その1

キャラクターデザインの相場ってどのくらい?その1どうもライトアーツのミゾカミ(@n_i_lightarts)です。

友人のイラストレーターさんに【キャラクターデザイン】の料金設定とか相場について聞いてみました。

すると、どうやら単純に価格を決めるのは難しいそうです。イラストの内容によって制作時間が大きく変わるからという理由がまず挙げられるそうです。

今回はキャラクターデザインについての料金相場と、料金が上下する理由の一つ、『制作時間』と『価格』についてもお話したいと思います。

キャラクターデザインの相場について

基本的には¥60,000からとされているのを見かけますが、これは「アニメ塗り」のように描きこみ質量が少ない場合です。しかも「アニメ塗り」とは言いましたが、陰影の深さをより多く重ねたりして、よりクオリティを上げたリッチにアニメ塗りをすることもできるので、一概には言えません。

「ブラシ塗り」や「厚塗り」という言葉もイラストを描かない方には馴染みがないかもしれませんが、つまりは色塗りにも様々な技法があり、技法によってもかかる時間も違い、その上、どの技法にしても、クオリティを上げるためには何度も調整したり描き足したりしてやっと完成するものなのです。

しかも、イラストを描く前には資料を集めたりするわけです。一部では何も見ないで描くのがプロだという嘘の情報を信じてしまっている方もいるかもしれませんが、プロ程しっかりと資料を見て描きます。つまり、これらの時間を考慮した上で料金を設定する必要があるというわけです。

 

制作時間と価格の関係

よく制作時間を時給だと思って計算してみるという話を聴きますよね?しかし、これらは絵描きにはわかることですが、絵を描かない人にはわかりません。

「絵に1週間もかかるの?」とか「絵に万札払うの!?」なんていう言葉を聞くこともあります。

しかし、キャラクターのデザインの難易度によっては当然であったりします。キャラクターの服装や装飾髪型顔つきなどの様々なキャラクターのデザインの資料を集めて描き始めるのですから。しかも、それをリテイクを考慮してみてください。仮に1日8時間で7日かけて描くとして、時給958円(2017年09月29日 東京都の10月1日からの最低賃金)で計算しても53,648円になります。最低賃金で計算してもこの金額です。しかも土日もフル8時間描いたとしてもです。

これはキャラクターのデザインだけの話でなく、イラスト全般でも同じように考えることができます。特にイラストには背景や構図やポージングなどで難易度の変動が大きいので、より複雑になります。仕事といてクオリティの高いイラストを描くことは簡単なことではないことは憶えておいてください。

制作時間を早めることは危険

もちろん長年の慣れによって多少は制作速度はあがるかもしれません。しかし、クオリティを下げずに制作時間を減らすことは危険ですし、無茶です。

どれだけ無茶なのか参考になる動画をご紹介します。

こちらは普段通りの時間でイラストを描いた後、制作時間を減らして同じイラストを描くというものです。考えてみればわかることですが、動画で見るとよりわかりやすいです。

 

依頼する側だって不安です

これまではイラストを描く側についてお話してきました。しかし、依頼する側も、大金を支払うというリスクを負っているのです。依頼する側も不安ですし、支払った金額分の満足するイラストがほしいはずです。

ご依頼頂いた方に満足していただき、信頼してもらえるように、ライトアーツではこれからも全力でイラスト制作をしていきたいと思います。

描く側も依頼する側も互いに信頼できるようにお互いを理解し、歩み寄り、より良い関係性を築いていけるようにライトアーツはこれからもブログで発信していきますので、よろしくお願いします。

今回は以上です。皆様の創作活動がより良いものになりますように。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です