イラストレーターさんは個人のお仕事を受けてくれるの?


イラストレーターさんは個人のお仕事を受けてくれるの?

実績記事をどうまとめるか、時間がかかっているライトアーツのミゾカミ(@n_i_lightarts)です。

そういえば、この前、友人がこんな事を聞いてきました。
「イラストレーターさんって個人からの仕事って受けてくれるの?」
確かにライトアーツは事業として行っているので頼みやすいところではありますが、個人の方がイラストレーターさんや、尊敬する絵描きさんにイラストの仕事を頼んだら受けてくれるのでしょうか?

私の絵描きさんやイラストレーターの友人に聞いてみたので、今回はまとめてみたいと思います。

個人からの依頼を受けるメリットは?

イラストレーターさんはよくお仕事で描いたイラストを制作実績として公開しています。「○○株式会社の○○というゲームのイラスト描きました!」や「○○文庫 ○○というラノベのイラスト描きました!」などです。

これらは、今後このイラストレーターさんへお仕事を頼みたい企業や出版社を増やす為のアピールになるのです。その上、制作経験が豊富であれば、頼む側も安心して依頼できるので、メリットがたくさんあるというわけです。もちろんリピート率も報酬額も高い傾向にあります。

では、次に個人の方からのお仕事を受ける場合はどうでしょうか?

実績公開は「○○さんからの依頼でイラスト描きました!」となるわけです。いかがでしょうか?リクエストした方がとても有名な方でしたら多少メリットになります。しかし、そうでない場合は、企業や出版社からの依頼と比べると、報酬金額も、得られるメリットも低いものになってしまいます。

報酬金額は頑張ればなんとかなるかもしれませんが、今後に繋がるメリットでは企業や出版社からの仕事を受けたという実績には敵いません。
なので、個人でイラストレーターさんにお仕事をお願いするには、最低限「知り合い」以上の関係であり、報酬金額も惜しまず提示し、その上で失礼のないように依頼文を作成し、やっと依頼することは可能だと言えます。もちろん受けてくれるとは限りませんし、運よく受けてくれる方もいるかもしれません。

最近では、個人の方がTwitterで絵描きさんに金額を提示してお仕事を依頼したところ、金額に不足があった為か、絵描きさんにブロックされてしまった。なんて話もありました。特に金額についてはイラストレーターさんによっても違いますし、キャラの人数や背景ありなしでも金額が変わったりする場合も多いです。

クラウドソーシングで頼むのは正解か?

クラウドソーシングついては。また、別の記事で詳しく書こうと思います。

頼むのが正解かどうかで言えば、博打の賭けのようなものなのでおすすめはしません。
報酬金額が低い場合、絵の上手いイラストレーターさんは手をつけませんので、低クオリティのイラストが集まりやすく、コンペの場合は、その中から選ばざるおえない上に納得いかない場合も支払いはしなくてはなりません。

安い金額で請け負っている絵描きさんも見かけますが、そういう方のクリエイター生命は長くありません。それか、上手くなるにつれて、低賃金では受けてくれなくなります。

終わりに

今回は、「イラストレーターさんは個人のお仕事を受けてくれるの?」というお話でしたが、結論は「絶対に受けてもらえないわけではないが難しい」でした。
もしも、本格的な小説の表紙や挿絵が必要でしたら、実務制作経験のあるクリエイターが所属するライトアーツが責任を持って制作いたしますのでご相談ください。

今回は以上です。皆様の創作活動がより良いものになりますように。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です